福寿堂

懐かしさを感じる居心地

42年前に浅草福寿堂からのれん分けし、千住に店を構えた。
和菓子のショーケースの隣の扉を開けると4人掛けのテーブル3つの喫茶スペースでほっこりしながら甘味や素朴な焼きそばが食べられる。

もとはラーメン屋だった作りをそのまま使っており、30年前からあるレジがかわいい。町の人にも愛され、ショーケースの上には地元の小学生が店主の町田保二さん、晶子さん夫妻に感謝の気持ちを伝えるために書いた、福寿堂の宣伝ポスターが張ってある。

福寿堂
足立区千住4-17-10
【TEL】03-3882-6859
【営業時間】8:30~19:30
【定休日】不定休
【お薦め】田舎しるこ、焼きそば 各¥450
※商品金額は取材時のものです。消費税の税率変更などにより異なる場合がございます。
ご了承ください。

HANOI HANOI

懐かしい人の
お家でくつろぐ感覚

本当にお店?と戸惑ってしまうほどの普通の家の佇まいが魅力。1階は雑貨、2階はレストラン。入口で靴を脱ぐので、つい「お邪魔します」と言いたくなる不思議な感覚。

店長の中根綾子さんが、「ベトナムを知ってもらいたい」と、5年前にオープン。古い民家を手作りで改装した。2階は明るく風通しのいいこぢんまりとした座敷で、まるで祖父母の家でくつろいでいるよう。癒されながらいただくベトナム料理は、契約農家から仕入れた野菜とハーブがたっぷりで、身も心もヘルシーに。

ハノイハノイ
足立区千住1-28-13
【TEL】03-6803-0788
【営業時間】12:00~22:00(LO 21:00)
【定休日】火曜
【お薦め】フォーランチセット¥1000(生春巻、フォー、サラダ、スイーツ、ハス茶)
※商品金額は取材時のものです。消費税の税率変更などにより異なる場合がございます。
ご了承ください。

喫茶室サンローゼ

愛らしい照明や装飾にキュン

北千住駅から0分という好立地に、千住随一 の250 席数を誇るサンローゼ。昭和42年に完成した駅前ビルに、10年後の53年にオープン。

歩踏み入ると、赤い絨毯が敷き詰められた広々とした店内に、愛らしい照明が目に飛び込む。中央の噴水は震災の影響で水を出すことができなくなったが、噴水の装飾はそのまま活用している。洋食中心のメニューはデミグラスソースやドレッシング、デザートにいたるまで手作り。

喫茶室 サンローゼ
足立区千住旭町3-5駅前会館ビル2階
【TEL】03-3882-0434
【営業時間】8:00~21:30(金・土は~22:30)
【定休日】無休【お薦め】下町ナポリタン\700
※商品金額は取材時のものです。消費税の税率変更などにより異なる場合がございます。
ご了承ください。

カフェ コンバージョン

古いもの+今=癒され心地

古めかしい外壁と木材のモザイクが、洒落たモダンを創り出している。90 年前の蔵→二軒長屋のアパート。

そして2年前に古い建物の良さを残しつつ、カフェとして再生した。小さな明り取りの窓、タイル壁など、昭和にタイムスリップしたような懐かしさの中に、天井から下がる瓢箪ランプがなんとも可愛く、味がある。

古き良き時代を感じられる落ち着いた店内で、ふわふわのホットケーキをいただくのは至福。次からは思わず「ただいま」と言ってしまいそう。

カフェ コンバージョン
足立区千住2-31
【営業時間】11 30~19:00(LO 18:00)
【定休日】日曜
【お薦め】プレーンほっとけーき\550、ざくろのソーダ\600
※商品金額は取材時のものです。消費税の税率変更などにより異なる場合がございます。
ご了承ください。

喫茶蔵

大正時代の蔵がそのままお店に

大正末期に造られた質屋の蔵が、そのまま喫茶店として使われている。手前のカウンターは、元は畳敷きの帳場だったそう。奥のフロアとの間にある鉄製の頑丈な扉は当時のままで、1尺(約30cm)もの厚さに圧倒される。

あたたかみのある木製の壁に囲まれた空間が、心地良い。そんな雰囲気にピッタリのたいやきは、焼き立てでパリパリした羽根が香ばしく、あんこが昔懐かしい味わい。オーナーの大和田公子さん手作りのケーキも好評。

喫茶 蔵
足立区千住1-34-10
【TEL】03-3882-0838
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】日曜・祝日
【お薦め】たいやき(コーヒー付き)\650、チーズケーキ(コーヒー付き)\700
※商品金額は取材時のものです。消費税の税率変更などにより異なる場合がございます。
ご了承ください。