マルギクベーカリー

なぜかスポンジと羊羹の相性ばっちりの、優しい味のシベリア

創業は昭和24(1949)年。

現在の店舗は、工場だった場所を店舗に改築し新たにオープンさせた。
その際に導入した「トレイ式」販売は、お客様が自分で商品を選んでレジに運ぶスタイルが当時珍しく、評判になった。同店の懐かしい味ナンバー1はシベリア。2枚焼いたスポンジの間に羊羹を流しこんで作る。
時折昔馴染みのお客様が買っていくから、外せないメニューだ。

現在の店主、西山孝子さんは、20歳のときに店を継いだ2代目。
「ちくわ明太ロール」など、オツな味わいの商品は、料理が得意な孝子さんが開発した。
アンパンは北海道から九州までファンがいるとか。「ジャムパンが食べたい」といったお客の要望には、たとえ1個でも応じてくれる。

マルギクベーカリー/足立区千住柳町14-3
【TEL】03-3881-5082
【営業時間】7:00〜19:30
【定休日】日・月曜・祝日
【お薦め】シベリア180円、あんパン¥160円、ちくわめんたい130円

【お詫びと訂正】
町で配布中のMAPに誤りがありました。地図上の①と②が入れ替わっておりました。ただしくは加藤煎豆店さんが②、マルギクベーカリーさんが①の位置となります。お詫びして訂正いたします。
ホームページ上のマップPDFは正しいものを記載しています。