元祖平野屋(平野屋煎餅店)

江戸時代、売れ残った団子を伸ばして焼いていた煎餅に目をつけた創業者の善次郎(当時10歳)は、母とともに煎餅を作り、籠をしょって千住の近く平野(現足立区平野)より吉原遊郭へ売りにいったところ評判となった。
そのご、煎餅を専業で作るようになった。江戸のころは、瓦煎餅のような甘い味と食感だったが、明治になってから「塩せんべい」とも呼ばれ、うるち米を使ったパリッとした食感で、甘くない煎餅が誕生した。

戦時中は名古屋へ疎開していたが、戦後の昭和21年の秋に今の場所へと移り住んだ。
今の建物は50年ほど前に建て替えた。店主の當麻(たいま)晴雄さんは、分家してから4代目。
夏をのぞき、月・水・金曜の12時頃から店頭で、1枚1枚煎餅を手焼きしている。

人気は善次郎丸。厚焼きの醤油煎餅だ。ほかにのりやごま、ざらめなど煎餅は8種類ある。

元祖平野屋(平野屋煎餅店)/足立区千住4-43
【TEL】03-3881-5701
【営業時間】8:30〜19:30
【定休日】元日、臨時休業あり
【お薦め】善治郎丸70円、黒帯巻65円(※税別)

愛ちゃん

お好み焼き、もんじゃを安価で提供する愛ちゃん。

40年のトポス前で6年営業したあと、柳原に移って16年。
ご主人が亡くなってから、築42年の自宅の1階を店舗に改装した。座敷席3つと、イス席1つのこぢんまりとしたお店を、竹原愛子さんが一人で切り盛りしている。東京のお好み焼きはお客が自分で焼くのが主流。器に山盛りになった具をこぼさないかとドキドキしながら混ぜ合わせる。「混ぜすぎないのがコツなのよ。器が大きいと混ぜすぎておいしくなくなる…」のだそう。

人気はエビ、ホタテ、イカが入ったスペシャル天。おつまみにはキャベツ、天かす、紅ショウガ入りのショウガ天がお薦め。
締めのデザートにはホットケーキをいかが?

愛ちゃん/足立区柳原2-6-7
【TEL】03-3870-6958
【営業時間】17:00〜23:00
【定休日】不定休
【お薦め】スペシャル天600円、しょうが天450円、ホットケーキ400円

宏月(コウゲツ)

店主が苦心して再現した文化フライはやみつき系の味!

昔の東京の屋台ではおなじみの「文化フライ」。東京で出す店は恐らく宏月だけだ。

「屋台で味わった味をもう一度」との思いから、2代目の公彦さんが店を継いだ12〜13年前から始めた。
苦心して再現した味は駄菓子系のやみつきになる味。ソースも含めレシピは秘密とか。

お客様の一番人気は、もんじゃ。
なかでも濃厚めんたいもんじゃがナンバー1だ。メニューはどれも、自分で焼くことも、作ってもらうことも出来る。和牛ステーキや海鮮など、「ステーキハウス」をイメージして加えた焼き物メニューも豊富だ。
店内は畳敷きだった旧店舗を改装し、黒を貴重にしたシックな大人の雰囲気。

宏月(コウゲツ)/足立区千住3-68
【TEL】03-3870-6074
【営業時間】17:00〜23:30
【定休日】月曜日(祝日営業)
【お薦め】濃厚めんたいもんじゃ1050円、和牛ランプステーキ990円、文化フライ1本210円

マルギクベーカリー

なぜかスポンジと羊羹の相性ばっちりの、優しい味のシベリア

創業は昭和24(1949)年。

現在の店舗は、工場だった場所を店舗に改築し新たにオープンさせた。
その際に導入した「トレイ式」販売は、お客様が自分で商品を選んでレジに運ぶスタイルが当時珍しく、評判になった。同店の懐かしい味ナンバー1はシベリア。2枚焼いたスポンジの間に羊羹を流しこんで作る。
時折昔馴染みのお客様が買っていくから、外せないメニューだ。

現在の店主、西山孝子さんは、20歳のときに店を継いだ2代目。
「ちくわ明太ロール」など、オツな味わいの商品は、料理が得意な孝子さんが開発した。
アンパンは北海道から九州までファンがいるとか。「ジャムパンが食べたい」といったお客の要望には、たとえ1個でも応じてくれる。

マルギクベーカリー/足立区千住柳町14-3
【TEL】03-3881-5082
【営業時間】7:00〜19:30
【定休日】日・月曜・祝日
【お薦め】シベリア180円、あんパン¥160円、ちくわめんたい130円

【お詫びと訂正】
町で配布中のMAPに誤りがありました。地図上の①と②が入れ替わっておりました。ただしくは加藤煎豆店さんが②、マルギクベーカリーさんが①の位置となります。お詫びして訂正いたします。
ホームページ上のマップPDFは正しいものを記載しています。

加藤煎豆店

徹底した室温管理のもと国産材料にこだわった逸品の豆菓子を

創業は昭和5(1930)年。

もとは千住3丁目にあった店舗を、戦後千住仲居町に移転した。ご主人の加藤彰久さんは18歳のときに店を継いだ2代目。
原材料へのこだわりは徹底している。黒・青大豆とエンドウ豆は北海道、落花生は千葉とほとんどが国産。
安いものより良いものを…の思いは創業以来だ。

質を保つため店内は、温度管理を徹底しており夏は約25度C、冬も暖房は使わない。
一番人気は、殻を手剥きした状態で仕入れるピーナツ。殻付きは足が早いため、扱うのは4月まで。
殻剥き青エンドウ「とび出し」は、高級料亭のお通しに使われる、何とも上品な味わい。
店内の看板や商品の袋に描かれたイラストは戦後TVでも人気だった漫画家・長崎抜天氏の手によるものだそう。

加藤煎豆店/足立区千住中居町19-8
【TEL】03-3881-2934
【営業時間】8:00〜19:30
【定休日】日曜
【おすすめ】手むき素煎り落花生1600円(400g)
塩豆(青エンドウ)300円(2dl)

【お詫びと訂正】
町で配布中のMAPに誤りがありました。地図上の①と②が入れ替わっておりました。ただしくは加藤煎豆店さんが②、マルギクベーカリーさんが①の位置となります。お詫びして訂正いたします。
ホームページ上のマップPDFは正しいものを記載しています。