Rotisserie inn千住

路地裏に見つけたチキンと遊び心

飲み屋がギュッと詰まった路地「毎日通り飲食店街」に、カントリー風の店舗が不思議と似合う。

フランス語でローストを意味する“ロティサリー”チキンを広めようと、千住在住経験のあるオーナーが3年前にオープンした。
元スナックの細長い店を、「いかにお金をかけずに、ハンドメイドで作りこんでいけるか」とリフォーム。プレミア感あるモノクロ写真やランプなどが洒落た空間を演出。当時のままの厨房の壁に手書きされたメニューも味わいがある。

「誰しも自分だけの隠れ家が欲しい。男性は特に強いのでは」というオーナーの遊び心が随所に。
入口足元の鳥の足跡や、店名のイニシャルR+鶏モモをデザインしたロゴマークにも注目。フードメインのチキンは約1時間かけてじっくり焼くので、余分な脂が落ちて皮はパリッ、身はジューシーでヘルシー。他にもフードメニューは充実。ビーツが原料のフランス産焼酎「パリ野郎」は名前だけで楽しく酔えそうだ。

Rotisserie in千住(ロティサリーイン千住)/足立区千住3-58 毎日通り飲食店街
【TEL】090-5768-1100
【定休日】火曜
【営業時間】18:00〜翌朝5:00(フードL.O.3:00)
【おすすめ】1羽まるごとホールチキン(3〜4人前)¥2300、1/4チキン、パスタ(チキンはテイクアウトOK)、フランス産焼酎「パリ野郎」、ワイン
【席数】カウンター8席